写真へのコメント - ページ 4

18歳:モノクロ写真-479

18歳:モノクロ写真-479

コメント

イギリスのナンバープ・プレイトをデザインしたバッチ(鞄?)ですね。
『UR』は『You are』の意味で、『貴方は18歳』その下に小さく『ついに合法です』と書いてあります。
誕生日プレゼントに友達からもらったのでしょうか?
きっとこの日が誕生日だったのでしょね。

"UR"って、アンダーの略でしょうか?
今までとは一味違う・・・切り取り方に感じます。
UR18のロゴ?が強烈。
ギンガム・チェックの粋なコートとバッグの不思議な
ミスマッチ。時間、成長の時空間を感じさせる
密度の高いバックのボケ。
ほぼ半々の画面構成に、大人と子供の狭間といえる
心身の微妙な状態、状況をもかんじさせてくれます。
チャーミングであろう顔や美しい脚線美も思い切って
カットした思い切りの良さに敬服しちゃいます。
こうなるとカメラがどうのレンズがこうの、っという
ハードの問題じゃなく、写真の良し悪しはやはり
撮影者の心のあり方で決まるんだなーと思います。
またまた触発させていただきました。

  • Macky
  • 27/12/2009

ロンドンのタクシーに乗る人:モノクロ写真-472

ロンドンのタクシーに乗る人:モノクロ写真-472

コメント

KENKENさん、コメントありがとうございます。
赤信号で止まったタクシーです。
運転手と少年が背中合わせで座っているのが面白さを加えているのでしょうか?
この様な場面に出会うと無意識に写真を撮っています。

毎回、楽しく拝見させて頂いております。

一人一人の表情が実にすばらしいです。ノーマン・ロックウェルの世界です。

車の3枚の窓から見える、三葉の写真。

特に少年の表情が穏やかで、すがすがしいです。

この写真から、一編の物語をひとそれぞれに読み取る事でしょう。

奥深い、味のある写真だと思います。

  • KENKEN
  • 18/12/2009

リッチモンドの川原で遊ぶ子供達:モノクロ写真-480

リッチモンドの川原で遊ぶ子供達:モノクロ写真-480

ここまでテムズ川の水位が下がるのは珍しい。
向こうに見えるのはリッチモンド・ブリッジです。

コメント

どちらかというと、D3Xには興味があるのですが、
D3Sは、ちょっと・・・という感じです。

D3XのD700版みたいのが出たら、考えるかもしれ
ませんが、処理するパソコンとの関係もあります
し・・・

現在では、D3と、D700で、満足しています。

  • kansaku
  • 12/11/2009

なるほど。僕はD700を使ったことがないので、分かりませんが、カメラとレンズの愛称も色々あるのでしょうね。
ちなみkansakuさんはD3sを購入されますか?

私は、AFでカメラに任せて、パキャパキャと、下手な鉄砲も
数打ちゃ当たるかも的な撮影をする時には、根性を決めて、
D3を持ち出します(笑)

MFで、じっくり撮るときは、D700と、使い分けています。
露出やフォーカスから、カメラを開放してあげれば、D3に比
べれば、ヘニャヘニャなD700も、なんとか使い物になります。

ニコンのサービスセンターに、古いAiレンズをメンテに出し
たら、最近そういう人が多いんですよね・・・と、言ってい
ました。
D700を買うと、そういうレンズを使ってみたくなるし、そし
て使ってみると、その為に、ニコンはD700を出したんじゃな
いのかな? などと勘ぐってしまうほど、しっくり来るんで
すよね・・・!?!?

というか、D3を使ったら、D700なんて、おもちゃで、D3のサ
ブカメラには、なり得ないので、なんか使い道はないのかな?
と考え、苦肉の策が、MFなレンズを使ってみよう!で、これ
が意外といい感じで、やがて、これが主流になってしまった
ような感じです・・・(苦笑)

  • kansaku
  • 12/11/2009

kansakuさん、私はまだまた「熟知している」レベルではないですよ。

kansakuさんはAi 35mm F1.4をD700と一緒に使っているのですね。
私がAi 35mm F1.4を手に入れたのは最近で、「ただいま研究中」と言ったところです。

おざき先生、ご無沙汰しております。
去年、今年と二年連続で帰国出来ませんでした。
来年は会いに行きます。
その時は先生とミモたんの写真を撮らせて下さい。

なるほど、F1.2 のレンズで、F1.4 で撮影した訳ですね。
ニコンの、50mm F1.2 とか、35mm F1.4 とか、俗に言う
くせ玉は、絞りと画像の関係を把握していると、いろん
な絵が出来て楽しいですよね。

しかし、シャープでもあるので、こういう撮り方をして
いるとは思いませんでした。
レンズの癖を、熟知なさっているのですね。

私は最近、D700に、Ai 35mm F1.4 で、D90に、NOKTON
58mm F1.4 を付けて、実質、35mm と 87mm のレンズの
組合せで、露出やフォーカスはもちろん、カメラの設定
も、ISOから、カラーバランスまで、フルマニュアルで
撮影しています。

こう撮影するようになってから、カメラに撮らされてい
るんじゃなくて、自分で絵を決めるという、昔に写真を
撮っていた頃の快感が復活しました。

特に、CPUのない、ニコンのAiなレンズは、レンズの
絞環で絞りが決められる、昔ながらのマニュアル撮影が
できるので、より心地よいです。

  • kansaku
  • 12/11/2009

f1.4ですか・・・
未知の領域ですね。
こういう作品を見ると、ものすご~く欲しくなってきます。
これが、俗にいうレンズ沼ですね(笑)

  • Kosuke
  • 12/11/2009

すてきな風景を見つけて、操られるように歩み寄って、
カメラを構えている人の後ろ姿を想像するのが好きです。
つまり、私が空想するこの写真の風景には、
背景の子供たちの手前に、カーキ色のコートを着て
カメラを構えるあなたの後ろ姿も入っています。
心動かされる写真に出会った時は、
私はいつもそのようにイメージしています。
カメラマンのその時のドキドキを
少しでも分かち合いたいと思うからかもしれません。

Kosukeさん、コメントありがとうございます。
この橋のボケは絞り開放で撮影した時に得れるボケで、撮影時の絞りはf1.4でした。
明るい標準レンズは独特なボケをだしますね。
勿論そのボケかたは同じ標準レンズでも製品よって違うので、標準レンズ一本では飽き足らず、何本も手に入れてその違いを研究する人も少なくないようです。
僕もその類かも・・・(笑)

はじめまして。

1年ほど前からカメラを始めて、このブログの
景況で、最近モノクロ写真に興味を持っています。

この写真で質問なんですが、橋の部分のボケは
画像処理でぼかしているのでしょうか?
それとも、撮り方次第でこういう写真が撮れるで
しょうか?

ご気分を悪くされるかもしれませんが、初心者の
バカな質問だと思ってご回答頂ければ幸いです。

  • Kosuke
  • 11/11/2009

NOKTON 58mm F1.4ですか・・・そのような事を言われると、また衝動買いをしてしまいそうです。

私は標準レンズは、ニコンのMFの F1.8 F1.2 と、AFの F1.8 F1.4 が
あるのですが、やはり、MFの F1.2 が好きですね。

あとは、コシナから出ている、NOKTON 58mm F1.4が好きですね。
オールドレンズと、今風なレンズの融合された感じが、好きなのかもしれ
ません。

最近はこのレンズを、D90につけて、中望遠的に使うことが多いです。

  • kansaku
  • 09/11/2009

Kansakuさん、こんにちは。
いま一番気に入っている標準レンズですか?・・・回答に困りますね。
物の良さから選ぶと「Ai Nikkor 50mm F1.2S」、利便を考えると「Sigma 50mm F1.4 EX DG HSM」ですね。
両者共シャープで描写力のあるレンズだと思っています。
標準レンズに関して言えば通常シグマの出番が多いと思いますが、じっくり撮るのであればニコンF1.2Sを持って行きます。

Kansakuさんのご意見を是非聞かせて下さい。

こんにちは!

川原、子供、橋、そして空と雲・・・

良く見てみると、子供と、雲にはピントが合っているのに、
橋の付近は、ボケていますね(笑)

そのバランスが、視覚にいい刺激を与えてくれて、心地良
い写真だと思います。

いま、一番、気に入っている標準レンズは、ニコン?それ
ともシグマのほうですか?

  • kansaku
  • 09/11/2009

ロンドンの道路標示・右に注意:モノクロ写真-367

ロンドンの道路標示・右に注意:モノクロ写真-367

コメント

yoccoさん、明るい単焦点レンズを使って写真を撮ると、ズームレンズとは少し違った表現ができるので楽しめると思いますよ。
DXフォーマットであれはAF-S DX NIKKOR 35mm F1.8Gなどが安くてお手ごろかもしれません。 僕はこのレンズを持っていませんが、同類レンズのシグマ30mmF1.4を使っています。

yoccoさん、そうそう「アメーバピグ」でしたね。
キャラのスタイルを工夫すればイギリスでも流行るかもしれませんね。

この写真もすごくいいです~。。。
なるほど、そのアングルで撮るのかー。と一人パソコンの前で唸っています。

後ろのライトがまたいい感じですねー。



こんな素敵な写真の下に恐縮ですが、アメーバビグです。
最近はプーペガールなんてものもあるようです。
もう若くないのでよくわからないのですが。笑

  • yucco
  • 06/11/2009

最近デジタルに成ってから重箱の隅をつつくように、
ノイズがどうのと神経質になる人を身近にも居ますが、
撮り手の訴えたい物が表現されていればそんな事は
取るに足らないことだと思います。

この作品を見て、あなたのF1.2レンズにこだわる気持ちが
わかるような気がします。
このレンズでないと撮れない写真ですよね。
また素敵な写真を楽しませて下さい。

  • Macky
  • 09/02/2009

イギリス・デヴォンでの結婚式:モノクロ写真-401

イギリス・デヴォンでの結婚式:モノクロ写真-401

結婚式の写真撮影のためにイギリス・デヴォン州まで車で行ってきた。
天気予報では雨だったが、雨のない曇り空。
午後には一時的に太陽が顔を出し、撮影を助けてくれた。

寝不足が原因で少々集中力に欠け、いくつかのシャッターチャンスを逃してしまった。
カメラの設定を間違えることも多かった。
この写真もf5.6で撮影したはずがf2.5で撮影している・・・?

撮影を終えたのは夜の8:30、高速道路でロンドンに向かい帰宅したのは夜中の1:00時頃。
それからPCでメモリーカードのRAWファイルをハードディスクへ移動。
撮影した写真ファイルを無事に保存した後、床に就いた。
その頃には朝の4:00時を過ぎていた。

楽しくも長い一日でした。
ニックさん、ヘレンさん、ご結婚おめでとう。
お幸せに。

コメント

yuccoさん、こちらこそ昨日はありがとうございました。
なんとかピグ・・・?
すでにウェブサイトの名前忘れてしまいました。
次回また色々と教えて下さい。

こんにちは!川崎です。
昨日は楽しい時間をありがとうございました。

家に帰って早速検索してみました。
(1位でしたよー!^^)

開いてみてびっくりです!
写真が素敵!!!

専門的なことはわからないのですが、
私の好きな雰囲気の写真がいっぱいでした。

イギリス・Whitstableの港町と生牡蠣、ロンドンの長い冬、
ロンドン・アイ、この写真。
好きです。

またお話聞かせていただけるとうれしいです。

  • yucco
  • 06/11/2009

じっと見つめる人:モノクロ写真-471

じっと見つめる人:モノクロ写真-471

ご想像にお任せいたします。

コメント

kansakuさん、こんにちは。
D3の高感度とf1.4のレンズが無ければ撮れなかった写真です。
なのでカメラを開発している技術者の皆様へ座布団一枚!・・・あげて下さい。

HEROCさん、はじめまして。
ブログ拝見しました。『川で遊ぶ子供』や『うねる道』など非常に印象的な写真です。これからも拝見させていただきます。

2Kg近い機材で、こんなにさりげなくスナップを撮影できるなんて、神業かもしれませんね(笑)
3人の関係が、複雑に絡み合っているようにも見える不思議な写真ですね。

  • kansaku
  • 29/10/2009

はじめまして。
毎回更新を楽しみに見せてもらってます。

今回の写真好きですねぇ。
この二人はどのような状況なのかなぁっと色々想像してしまう1コマですね。

これからも楽しみに見せていただきます~

立入り禁止の工事現場:モノクロ写真-468

立入り禁止の工事現場:モノクロ写真-468

『そんな所にカメラ突っ込んで何を撮ってるのかな・・・?』
道路を行き交う人々が不思議そうに見る。
『別に何が見えるわけじゃ~ない・け・れ・ど・・・』
と心のなかで呟く。

黒い写真の連発で御免。

コメント

かんさくさん、こんにちは。
このレンズを手に入れて間もないのですが、非常に気に入っています。最近このレンズで動き回る息子を撮影していますが、ピントがなかなか合わずに苦労しています。このレンズで人物の写真が撮れるようになるのはまだまだ先になりそうです。

周りの人は、何を撮っているのか、気になるでしょうね(笑)

なにか単レンズを一本持って歩くとしたら、私はこのレンズを
使ってしまいます。

人物の居ない風景写真と、人物の入っている風景写真、上手に
撮り分けていますよね。

人物の入っている写真の、人物は、どれも魅力的に見えます。
人間に対する愛情の深さえ感じてしまうときがあります。

  • かんさく
  • 21/10/2009

アニッシュ・カプーアの彫刻:モノクロ写真-460

アニッシュ・カプーアの彫刻:モノクロ写真-460

ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで現代彫刻家のアニッシュ・カプーア展が行われている。
中庭に展示されている彫刻を撮影する為に行ってみた。
この彫刻は中心部が空いていて、その中心部に立ことができる。
鏡のような球体に囲まれ状態で上を見上げると無数の反射見えてが面白い。
この日は満足できる写真が撮れなかったので、再度翌週、写真を撮り行くことにした。
いってみるとそこには新たに柵が設けられていた。

「なんで?」
柵を持ち上げ、不満気なジェスチャーを見せると、すばやく警備員がよって来た。
「なんでこんな柵つけたのかな?この彫刻の真ん中に入ってこそ面白いのにね。」
『皆が触るから鏡のつやが悪くなるんだ。この彫刻は鏡のようなツヤがあるからこそ、その魅力があるからね。』
「でもこの彫刻は真ん中に立てるように作っているでしょ?それを体験できないのは彫刻家の意図に反するよね?」
『そうなんだよ、だから柵をつけることに反対の意見も多かったみたいだね。』
「いやー残念だな、間違った判断だよね!」
『んー、ごめんよ。』

そんな会話をした後、写真を撮ったが、また満足する写真は撮れなかった。

コメント

不思議な空間ですね。
やはり、モデルが居ることがこの場合
品位を上げているような気がしました。
それにこのモデルさん、実に決まっています。
左の隅はやや不必要な気もしますが、
現場の状況を見ていないので、、、


警備員のコメントは日本人とは違って
ユーモアに溢れています。
作者がここに居たら感激してきっと
どうぞ中に入ってくださいと、
発言したでしょうね。
警備員の方のすまなそうなコメント、
分かります。

  • 13/10/2009

垣間見る人:モノクロ写真-458

垣間見る人:モノクロ写真-458

『おやすみなさい。』と書いてから随分と時間が経ってしまったようだ。
9月は写真を撮る機会が少なく、あっという間に10月に入ってしまったように思える。

コメント

いったいどういう風な空間なのでしょうか?
ミステリアスで良いですね。
構図の妙にノックアウトされました。

しかもモデルとカメラ、素晴らしい被写体になっています。

  • 06/10/2009

Ai Nikkor 35mm F1.4Sで撮った白鳥の親子:モノクロ写真-449

Ai Nikkor 35mm F1.4Sで撮った白鳥の親子:モノクロ写真-449

マニュアルフォーカスレンズAi Nikkor 35mm F1.4Sを中古で購入した。
前から欲しいと思っていたレンズだが、値段が値段なだけに手が出せなかった。

期待していたとおり非常に面白いレンズ。
特に3メートル以内の人物を撮るのには最高と感じました。
この写真は人物ではなく鳥ですが・・・

コメント

Mackyさん、こんにちは。
白鳥でそんなに興奮してくれるとは・・・嬉しい限りです。
印刷は私も色々と研究しました。 
ちなみに、ResampleにはGenuine Fractals 6を愛用しています。

白鳥。以前カラーで白鳥さんを撮ってましたが、目からウロコが…
モノクロでの白鳥さの方が素敵ですね!
特にうなじ?から背中。
美しいと共にセクシーと言うかエロティックと言うか色気さえ
感じられます。
以前パリのオルセーで心引かれた、純白の大理石による
横たわる女神?の石像が思い浮びます。

最近、キャノンのPro9500MarkⅡを購入しモノクロプリントを楽しんでますが、貴方の作品は色々と刺激をもらえて参考になります。
デジタルプリントもフィルムプリントとは一味違う表現ができる
のでしばらくは楽しめそうです。
DXで撮ってA3ノビにプリントをしても十分な結果を得られ、
プリンターのパフォーマンスのよさも満足してます。

  • Macky
  • 23/09/2009

ニューレンズを立て続けに入手されていますね。
おめでとうございます。

この写真は全体にトーンが落ちてとても落ち着いた
雰囲気ですね。
サンサーンスの白鳥を想起しました。

  • 12/09/2009