読解不可能な言葉
モノクロ写真-364

読解不可能な言葉Eモノクロ写真364

Exifデータ

モデル
NIKON D3
露出時間
1/800 sec
F値
f/5.6
ISO感度値
ISO 400
原画像データ生成日時
2009:02:01 13:22:45

使用レンズ

AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)

モノクロ写真・カテゴリー

モノクロ写真・場所

写真について

Title : 読解不可能な言葉

しばらく見ていたが理解出来ず、とりあえず写真に撮ることにした。
読解できる人がいたら意味を教えてください。

ソーシャル

コメント

かんかんのうさん

コメントありがとうございます。
なるほど、グーグルで『青海波』をサーチすると図案が出てきますね。
これで5つ全ての言葉の意味がわかりました。

せいがいは は 青海波 と書きます。 まあその字の通りの昔の図案の名前です。

お~!そうですね!
確かに逆さまに読めます。
全く気がつきませんでした。

横文字を縦にした時に逆さまになったのか、わざと逆さまに書いたのかは不明ですが、少なくとも僕を悩ませるだけの効果はあったと言えますね。

KENKENさんありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。

いつもすばらしい写真を、見させて頂いております。
読解とは言えませんが、私なりに考えてみました。

最後の『はいがいせ』を除いて、下から読んでいくと、右から『渦巻き』、『朝顔』
『花鳥』、『虎』と読めます。

さてこれが、どのような意味を持つのかと言う事ですが、スタジオジャンパー略して
スタジャン、それもアメリカの基地がある横須賀辺りで流行った、ヨコスカジャンパー
略して「スカジャン」の絵柄と共通しているように思われます。
着物に刺繍を、ジャンパーに刺繍したそれは見事な出来で、プレミアが付き、
コレクションしている方もいるでしょう。現在も販売・製作しています。

逆文字は、全く日本語を知らない人が、ジャンパーの絵柄を指差して、隣にいた
『お姉ちゃん』に書いてもらったのを、反対から読んでしまったのでしょう。

「はいがいせ」は「俳画 伊勢」これだけ正しく読むのはおかしいし、降参です。

30年前に、日本でも訳のわからない英語(アルファベット)を羅列したTシャツを
着ていましたし、2〜3年前は、漢字やひらがなをあしらったものが流行りました。

このジャンパーは、絵を文字に置き換えた、しかもかなり捻くれたジャンパーです。

最後に、これからもすばらしい写真を見せて下さい。楽しみにしております。

コメントを書く

撮影場所